2016年2月28日 (日)

ボンド大学付属語学学校(Bond University English Language Institute)

Fb593_2  Fb595  Fb598


みなさん、こんにちは!AtoZ AUSTRALIAのSOHです(*^∇^*)

前回に続き「A to Z AUSTRALIAお勧めゴールドコーストの語学学校・資格(習い事)が取得できるスクールシリーズ♪」を書いてみようと思います(o^^o)ノ 膨大な情報が溢れているネット上では、何が真実で、何がヤラセなのかも分からなくなるみなさんも多いハズ。わたしがこれからシリーズでお伝えする情報は、わたしがメンバーの語学学校見学で先週に行ってきた!とか、メンバーから「この語学学校にして本当に良かったです♪」とかの感謝メールをいただいていたりとか、そんな生の情報なので、みなさんの語学学校選びの大きなキッカケになるかもなので、シリーズ完結まで楽しみにしてください♪ 「そんなワークショップやってるんだ!」とか「そんなアクティビティー参加したい!」とか「そんな資格が取れちゃうの?」とか、みなさんの知らなかった情報もザクザクでてきますのでっ(o^^o)

では本日は、語学学校情報2校目ということで、ボンド大学付属語学学校(Bond University English Language Institute)という語学学校をご紹介します。

★学校のある地域★

*ロビーナというゴールドコースト地元の人間しか住んでいない住宅地に、広大なキャンパスのボンド大学があり、そのキャンパス内にある語学学校なので、治安という意味では近くに盛り場すらなくて、ゴールドコーストではNO.1の安全な地域です。ロビーナタウンセンターという南半球最大のショッピングセンターが、ボンドから4.5kmぐらいなので、ボンドとロビタンの間ぐらいにシェア先を見つけると生活が便利です。観光の中心地サーファーズパラダイスまでは車で20分、バスだと40分ぐらい南西に位置した地域なので、シェア先とボンド大学付属語学学校のセットだと、英会話の缶詰状態が完成します。

★語学学校の特徴★

*オーストラリアで1番最初にできた私立大学の付属語学学校なので(現在でも私立大学はボンド以外にはパースにあるノートルダムオーストラリア大学のみ)、比較的お金持ちの大学生とキャンパスをシェアすることになります(大切?実際にボンドの大学生と結婚してAUSに永住したA to Z AUSTRALIAのメンバーも居るのでっ(笑)♪)。

*授業料とは別に、週5ドルのアクティビテー料金を支払うのですが、これはBond University Student Association (BUSA) と呼ばれているボンド大学の学生会への入会になるため、ボンド大学の大学生が行っている運動系の部活から文科系のサークルに参加することができます。

*部活やサークルのサッカー・バスケ・バドミントン・バレーボール・ヨガ・ズンバなどスポーツを通してだと、大学生の友人がカンタンに作れて、英会話力の成長にとても良かったと証言したA to Z AUSTRALIAのメンバーも多かったです。

*サークルには Bond University Japanese Society(ボンド大学日本人会)なるものも存在し、不定期ですがBBQとかをやったり、日本人とコミュニケーションを取りたいOZの大学生が集まっているので、まさに「渡しに舟!!」。ここで友人を作ってラングエージ・エクスチェンジをやっていたA to Z AUSTRALIAのメンバーもたくさんおります。

*語学学校の生徒をボンド大学では、Bond University English Language Instituteの英単語の頭文字を並べてBUELI(ビューリーと発音)の生徒と呼んでおりますが、上記したように、BUELIの生徒は大学の学生会に入るので、大学生が使える施設のほぼ全てが使えることになり、例えば月~木は朝8時から夜11時まで、金土日も夜6時までは開いている図書館とか、24時間使えるパソコンルームとか、マルチメディア・ラーニング・センターとかが使い放題なので、夏の暑い日も冷房の効いた、冬の寒い日も暖房の効いた、通常の語学学校が門を閉ざしてしまう週末ですら英語の勉強をすることができちゃう素晴らしい環境です。

*大学のそばに盛り場はないのですが、何とボンドのキャンパス内にはDonsというパブがあり、木曜日は週末前ということで、大学生が遅くまで飲んでいたりするので、A to Z AUSTRALIAのお酒が飲めないメンバーですら、「木曜日は毎週Dons行って大学生と話ししてますっ!!」なんて話は聞きました。この間もアメフトのスーパーボールをみんなで見るパーティーで盛り上がってたみたいですね。

*一般英語コースの上に、English for Academic Purposes course (EAP) と呼ばれる大学進学用のコースがあり、そのコースを目指している生徒が普通に一般英語コースのクラスメイトの中にいる環境なので、英語や英会話に対してのモチベーションが高く、真面目な生徒が多い。A to Z AUSTRALIAのメンバーの最高記録は、たった17週間の受講で、一般英語コースのレベル5(上から2番目)に入学し、EAP3で卒業したので、何と4レベルアップした神レベルのメンバーも男女それぞれ1名ずつおります。

*クラスの平均人数は14人ぐらい。日本人スタッフはおりません。

★学生数と国籍割合★

*全校生徒200人弱、日本20%、アジア系30%、中東10%、ヨーロッパ20%、その他20%(2016年2月現在)

★学費とキャンペーン★

*入学金200ドル(今年は半額キャンペーンあり)

*教材費約50ドル

*授業料1-51週間週365ドル(アクティビテー料込み)

*2週間~4週間授業料が無料になるキャンペーンやってます。

atozaus@gmail.com

キャンペーンのお問い合わせ、入学お申し込みは↑コチラからどうぞ♪ A to Z AUSTRALIAでは、オーストラリア到着後にホームステイをするのではなく、わたしと一緒にOZシェアメイト探しをして、何軒か回って自分が1番気に入ったOZシェア先に入れるサポートを行っておりますので、ホームステイ終了後、まだあまり流暢に英会話がしゃべれない段階で自力でシェア先探しをする不安がなくなるのですが、ボンドは16年間の間にA to Z AUSTRALIAのメンバーが1番多く通った語学学校でもあるので、「過去にメンバーがお世話になって好評だったシェア先リスト♪」というエクセルで作ったA to Z AUSTRALIAの伝家の宝刀リストの中の優良なシェア先が、ボンドの近辺にたくさんある環境なのもお勧めの理由の大きなひとつです(o^^o)

 

★動画やリンク★

https://www.youtube.com/watch?v=FzCslaaQSrs

↑ちょっと古い動画ですが、BUELI雰囲気がつかめるのでどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=40xfrXVVqp4

↑こちらもBUELIの動画です

https://www.youtube.com/watch?v=th8DDggIF4k

BUELIの動画ではないのですが、ボンドの大学生と施設を理解していただけます

https://busa.com.au/

Bond University Student Association ((BUSA)ボンド大学学生会)のウェブサイト

https://busa.com.au/student-life/clubs

BUSAの運営する部活や同好会AtoZ

https://www.facebook.com/BondUniversityJapaneseSociety

Bond University Japanese Society(ボンド大学日本人会)のfacebookサイト

https://english.bond.edu.au/

BUELIのウェブサイト


写真

 写真では伝わらないのですが、とにかく広大なキャンパスのボンド大学

 土日も開いている図書館1階のパソコンルーム 語学学校内には日本人が居ても、ここに来れば日本人率は1%未満になります

 キャンパス内にあるパブのDons 比較的お金持ちな大学生のみで、変な酔っ払い客が居ないのが特徴(笑)♪

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

↑↑↑↑↑ にほんブログ村や人気ブログランキングに参加中♪ 現役ワーホリメーカーのブログがたくさん集まっているので、ポチっと押して見に行って下さいm(_ _)m

Twitter

↑ 英語の勉強にどうぞ♪

続きを読む "ボンド大学付属語学学校(Bond University English Language Institute)" »

2016年2月 7日 (日)

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア(Inforum Education Australia)

Fb0585_2  Fb0587  Fb0588

みなさん、こんにちは!AtoZ AUSTRALIAのSOHです(*^∇^*)

前回の投稿で有言した、「お役立ち情報の更新回数を大幅増!」を実行をするため、今年は「A to Z AUSTRALIAお勧めゴールドコーストの語学学校・資格(習い事)が取得できるスクールシリーズ♪」をスタートしてみようと思います(o^^o)ノ 膨大な情報が溢れているネット上では、何が真実で、何がヤラセなのかも分からなくなるみなさんも多いハズ。 わたしがこれからシリーズでお伝えする情報は、わたしがメンバーの語学学校見学で先週に行ってきた!とか、メンバーから「この語学学校にして本当に良かったです♪」とかの感謝メールをいただいていたりとか、そんな生の情報なので、みなさんの語学学校選びの大きなキッカケになるかもなので、シリーズ完結まで楽しみにしてください♪ 「そんなワークショップやってるんだ!」とか「そんなアクティビティー参加したい!」とか「そんな資格が取れちゃうの?」とか、みなさんの知らなかった情報もザクザクでてきますのでっ(o^^o)

では本日は、語学学校情報トップバッターということで、インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア(Inforum Education Australia)という語学学校をご紹介いたします。

★学校のある地域★

*サウスポートというゴールドコースト地元の人間が、ゴールドコーストの中心地として考えている地域にある語学学校なので、地元の人たち用の巨大ショッピングセンターが学校から徒歩3分。ブロードウォーターと呼ばれる内海(川の河口)までも徒歩3分なので、ランチタイムに内海を見ながらランチなんてこともできちゃいます。観光の中心地サーファーズパラダイスまでは4.5kmぐらい北に位置した地域なので、バスやライトレール(路面電車)や自転車なら10~20分で到着する地元の人間と学生の街といった感じです。

★語学学校の特徴★

*ゴールドコーストで、1番厳しいイングリッシュ・オンリー・ポリシー(母国語禁止ルール)を採用していて、違反者にはイエローカード(警告・注意)やレッドカード(クラスのレベルダウンをされ、態度や出席率によって1週間で元のレベルのクラスに復帰可能)が発動されるので、ルールを守っている生徒の率がゴールドコーストNO.1。

*日本語を話せる先生やスタッフが居るので、イザという時には指定の部屋に行けば日本語でカウンセリングを行ってくれるので、勉強や生活のことで困った時にも細かいことが相談できて安心。

*授業料を払って受ける一般英語コース終了後、希望者は放課後に自由参加できるワークショップが毎日あり、日々の授業や生活で分からなかったことを日本語で聞ける「ランゲージ・ライフセーバー」、仕事探しの時までに必要なTAXファイルナンバー取得やレジュメ作りや面接の練習、さらには仕事の探し方まで指導してくれる「仕事探し準備授業」、日本人には難しい英語の発音を徹底的に直してくれる「発音矯正授業」、せっかくインプットした英会話をどんどんアウトプットできる「カンバセーション」、レストランやカフェで使われているおもてなしの英会話が勉強できる「ホスピタリティー・イングリッシュ」、参加するとIELTSやケンブリッジやTOEICなどの英語の試験の点数を上げることができる「試験対策授業」などが、その気になれば毎日無料で受講できるので、学校卒業後にすぐ働きたいワーホリメーカーには素晴らしい環境。

*徒歩10ぐらいのバリスタスクールとの提携にて、学校卒業までにバリスタのサティフィケートの取得が可能なので、カフェとかの仕事に就きたいみなさんにはもってこい。

*この学校にはゴールドコーストで唯一、学校側の先生やスタッフと生徒の間に、生徒会(ステューデント・コミッティー)が存在していて、生徒会のメンバーは、インフォーラムの授業がタダで受けられる特待生制度を利用できる代わりに、学校の仕事や生徒の面倒をみる仕事をしております。なので、生徒が受けるオリエンテーションやアクティビティーの企画運営も生徒会が行っており、より生徒側に近い発想で運営されているので、風通しがとても良いアットホームな語学学校。

*生徒会が運営するカフェが学校内のラウンジにあり、ジュース、コーヒー、サンドイッチ、ハンバーガーなど、外で買うのに比べると半額ぐらいで販売していて、上記のバリスタのサティフィケート保持者は、このカフェで練習がてら働くことができます。

*教授陣のレベルが高く、英語に対するモチベーションがとても高い生徒が多い学校なので、IELTSやケンブリッジの資格の高得点が狙えます。A to Z AUSTRALIAのメンバーの最高記録では、過去にインフォーラムのIELTS対策コース卒業後に、IELTS8.0を叩き出した女性メンバーが1名おります。

*クラスの平均人数は12人ぐらい。日本人スタッフ常駐。

★学生数と国籍割合★

*全校生徒142人、日本34%、南米31%、ヨーロッパ34%(2016年1月現在)

★学費とキャンペーン★

*入学金220ドル
*教材費週14ドル
*授業料1-11週間週365ドル、12-24週間週355ドル、24週以上週345ドル
*キャンペーン時々あります。

atozaus@gmail.com

キャンペーン有無のお問い合わせ、入学お申し込みは↑コチラからどうぞ♪

★動画やリンク★

https://www.youtube.com/watch?v=mUrdJ2cIG14&feature=youtu.be

↑サイモン校長先生の新校舎の学校案内

https://www.youtube.com/watch?v=tTsxPxDj_PY

↑コチラは旧校舎の時の動画ですが、雰囲気がつかめるのでどうぞ

http://www.inforum.com.au/site/en/

↑インフォーラムのウェブサイト

https://www.facebook.com/InforumEducationAustralia

↑インフォーラムfacebookサイト

http://jp.ialc.org/

↑オーストラリアにたった10校しかないIALC(International Association of Language Centres「国際語学学校協会」)に、11校目として加盟が認められた語学学校です

写真

 常に生徒会のメンバーが受け付けにいるので、生徒が相談しやすい環境

 ピカピカのラウンジ&カフェ&PCルーム

 授業を受けている生徒の様子

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

↑↑↑↑↑ にほんブログ村や人気ブログランキングに参加中♪ 現役ワーホリメーカーのブログがたくさん集まっているので、ポチっと押して見に行って下さいm(_ _)m

Twitter

↑ 英語の勉強にどうぞ♪

続きを読む "インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア(Inforum Education Australia)" »

わたしの他のアカウントです☟


ワーホリアンケートです☟




2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ワーホリブログ

  • ワーホリブログ