2007年3月30日 (金)

ワーホリサポートのお仕事068♪

Mixi416   Mixi417   Mixi418

本日は3月23日にボブの所にお連れしてピッキングの仕事を紹介してもらった茜さん達の様子を書いてみます♪ 茜さんは某悪徳斡旋業者に申し込んだ後にA to Z AUSTRALIAの存在を知り、キャンセルはもったいないので、その悪の空港ピックアップとホームステイだけを利用し、後は全てA to Z AUSTRALIAのサポートを受け直した方なのですが、いよいよ語学学校も終了し、友人お2人と3人で購入した車でピッキング&ラウンドの旅に出る事になったので、最初に行くピッキングの仕事ぐらいは確定してラウンドに出たいとの事でボブの所にお連れした次第です(*^_^*)

茜さんのご友人お2人はシドニーにINして、オーストラリア来てから2ヶ月程度の方達だったのですが、3ヶ月ボンド大学付属語学学校に通学中に、ホームステイ6週間&わたしとご紹介した元グリフィス大学付属語学学校の英語の先生スーさんとのOZシェア生活が、とても良かったのでしょうねっ♪ 手前味噌な言い方でお2人には大変申し訳ないのですが、、、茜さんのボブとの面接時の英語は安心してやり取りを聞いてられました♪3月25日の日記で書いた俊和さんに続いてあっぱれです\(^0^)/♪ 

とりあえずこの日決まった事は、最初の数週間は数日後に既に車で北に向かう茜さん達にボブが指示をし、ピッキングが出来るファームを紹介してもらう事になり、その数週間後からは②の写真のブロッコロイファームにてのピッキングを3人一緒に出来る事が大決定(๑→ܫ←๑)  あまりにも広いファームなので、耕す時や苗植えの時のトラクターも衛星で制御してやるそうで(^o^;)、③の写真の様に、収穫(ピッキング)時は、10人が1チームになってガシガシ収穫して行くそうです♪最盛期は仕事量が多いのでとても安定した収入が約束されるらしく、更にチーム制なので1人で黙々とやるピッキングに比べて英語も使える仕事と言う事で、ボブお勧めのお仕事でしたっ♪

ちなみにこのブロッコロイは、殆どが日本に輸出されるそうですので、今この日記を読んでいる日本のみなさんも、是非オーストラリア産のブロッコロイを見つけたら食べてみて下さい♪美味しいし、栄養価高いし、もしかしたら茜さん達がピッキングしたブロッコロイかもっ(笑)♪

①3人で購入した車でラウンド出発の茜さん達☆
②地平線まで続いてそうなブロッコロイファーム♪
③ブロッコロイのピッキングの現場o(^0^)o

2007年3月25日 (日)

ワーホリサポートのお仕事063♪

Mixi401   Mixi402   Mixi403

連日ボブネタが続きますが、本日は3月7日にボブの所にお連れしてキングスクリークステーション(エアーズロックまで3時間)と言う場所で、完璧な英語環境の中での給料を貰える観光牧場での仕事をGETした俊和さんの様子を日記にしてみます♪

http://atozaus.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/index.html

俊和さんは、↑ここの1月24日のブログで書いた様に「61文字」のメールをオーストラリアに住んでいるわたしに送って来た事によってわたしのサポートを受ける事になりワーホリをスタートした方なのですが、ワーホリ持参金に余裕がある訳ではなかったので、オーストラリア到着日にはボブの所で紹介して貰える様々な仕事の事は伝えてあり、ある意味ボブと会って面接をする日までが勝負!!!と言う事を言っておいたのですが、「読み書き」は一切やらず、「聞く話す」のみの語学学校EIPを選んだ俊和さんの選択は正しかった様で、オーストラリア到着後たったの7週間と2日しか経ってないこの日に俊和さんと再会し、彼の英会話力の成長を目の当たりにしたわたしはぶっ飛びましたっw(@。@;)w 

面接中に当然オーストラリアにいつ来たのかとかの話になる訳なのですが、未だ2ヶ月と聞いたボブも思わず「じゃ日本で英会話スクール通ってたのですか?」と言い出し、そうでない事を知ると、かな~りビックリしておりました♪ ちなみにボブも昔日本に5年程奥さんのデボラさんと娘のサーシャちゃんと行ってた事があり、その時はデボラさんと一緒に福岡大学の英語の先生をしていた経験もあり、面接時は英語しか絶対に喋りませんが、実は日本語もベラベラなのです(^o^;)。。。

話がそれましたが、性格的にもとても明るく、どんな仕事でもチャレンジします系で、更に2ヶ月弱でこれだけの英会話力を身に付けた俊和さんにはボブも相当気持ちが入ったみたいで、面接後に出て来た仕事はキングスクリークステーションと言う場所にある観光牧場での仕事♪ 過去の例から推測するに、ここは仕事内容的にハウスキーピングの仕事のみなら語学力はさほど要らないのですが、エアーズロックに向かうOZや海外の観光客が大型観光バスにて朝食で必ず立ち寄る場所でもあり、朝食時にはヘリコプターのパイロットスタッフまでスタッフ全員でレストランで勤務したり、昼間は昼間でキャメルライドやバギーライドやハーレーダビッドソンライドの手伝い等なんかの仕事もあったり、ある程度の語学力が無いと紹介して貰えない仕事だったのですが、俊和さんは見事にこの仕事をGETしてしまったのですっ\(^0^)/♪

そして、早くもセカンドワーホリの権利も狙いたいと思っていた俊和さんは、この観光牧場の仕事3ヶ月の後には、ダーウィンのメロンのピッキングの仕事もセットでGET♪♪♪ このダーウィンのメロンのピッキングの仕事は、昨日の日記にも書きましたが、ボブの紹介してくれるピッキングの仕事の中では、一番お金になる仕事で、特に5月以降の多忙期には週給で手取りで700ドルから1000ドルぐらい貰う人も現れるそうです♪♪♪

こんな感じでボブの所ではピッキング以外にも、こういった観光牧場であったり、個人経営のモーテルであったり、大規模なホテルのハウスキーピングの仕事だったり、工場や木工所であったり、様々な完璧な英語環境の中での給料を貰える仕事を紹介してくれるのですが、英語力はあればある程、同じホテルの仕事でもホテルスタッフとして働けたりとか有利に事が運ぶのです♪もちろん英語力がそんなに無くても就ける仕事はたくさんあり、例えばホテルのお部屋の掃除とか洗濯物の部署とか仕事は単純作業ですが、ホテル従業員寮に寝泊りしてホテルの従業員用の食事を食べる環境なので、英語漬けの環境は完璧に整いますので、お金を貰えるのももちろんなのですが、英語力を伸ばせる環境なのが嬉しいですよねっ♪♪♪ 

これらの完璧な英語環境の中での給料を貰える仕事の期間は、大抵のものが12週間ですが、この有給のお仕事は12週間で手数料が1100ドル。24週間だと1900ドル。36週間だと2500ドルです♪これらの有給の仕事の時給は、安いところでも手取りで12ドル、高いところは18ドルぐらいは貰えるので、例えばエアーズロックのホテルだったら12週間で最低5000ドルは貯まりますし、給料の安いリゾートバイト(グレートバリアの島系)でも3000ドルぐらいは貯まりますので、週70ドル~90ドルの手数料をボブに支払ってでも有給の仕事をGETしたいメンバーがたくさん居て、A to Z AUSTRALIAのメンバーでは過去約延べ200人ぐらいが様々な仕事を紹介してもらっております♪

ちなみに俊和さんは有給の仕事とピッキングと両方セットで6ヶ月申し込みましたが、別々に頼むと1100ドルプラス660ドルと言う事で1760ドルになる勘定ですが、1500ドルにおまけしてもらえましたので、1週間当たりのボブの手数料は、1500ドル÷24週間=62ドルになった訳ですが、両方セットだと俊和さんは最低でも10000ドルぐらいはポケットに入れてゴールドコーストに帰って来るはずなので、全然気にならない額の手数料ですよねっ\(^0^)/♪
 
①観光牧場のオーナーと電話面接をしてる俊和さん♪
②キャメルライドに使われるひとこぶラクダ達☆
③ヘリコプターライドで写した観光牧場の全景♪♪♪

2007年3月24日 (土)

ワーホリサポートのお仕事062♪

Mixi398   Mixi399   Mixi400

本日の日記は、3月4日に到着したワーホリ持参金7万円のチャレンジャー、大輔さんさんの最終日2日目の様子を書きます♪ えっと、疑念を抱いている方も多いと思いますので、ここで白黒ハッキリさせておきますが(笑)、大輔さんのワーホリ持参金と言うのは、ただ日本円建てT/Cで持って来た金額が7万円で、日本で他に使えるクレジットカードとかがある環境なのでは無く(むしろクレジットカードが連携している銀行口座にも後でお金を振り込まなければいけない状況で、、、(^o^;))、正真正銘の7万円のみだったのですw(@。@;)w 厳密に言うと、9万円の日本円建てT/C+少しの現金を持ち込んだのですが、SOH’Sガイドと空港ピックアップにかかる33000円の支払いが残っており、既に11000円は申込金として送金済みだったので、残金22000円をわたしに支払った後に残ったお金が、7万円ポッキリだったと言う意味なのです(@_@)!!!

そんなこんなの大輔さんだったので、今日の日記の前の日記に書い様に、サポート日2日目の3月5日には、わたしの友人のボブの所に駆け込み、英語力が皆無でも何とか出来るピッキングの仕事の紹介を朝一で受ける事から始めました♪ そして大決定出来たのが、ゴールドコーストとシドニーのほぼ中間地点にあるファームでのベリー類(ストロベリー、ブラックベリー、ラズベリー等)のピッキングの仕事♪ 数多くあるピッキングの仕事の中でも、ベリー類は軽いし1kgで幾らとかのコミッション制のファームなので、楽だけど頑張れば収入も多くなるし、しかもワーホリ到着後3ヶ月後にしてセカンドワーホリの権利もGETしてしまう環境の仕事に就ける事になったのですっ\(^0^)/♪♪♪♪♪ と言う事で、今日の日記では、ボブの所で紹介して貰えるピッキングの仕事に関して、もう少し突っ込んで紹介料とか具体的な事を書いてみますねっ(๑→ܫ←๑)

まず、ピッキングに関してはボブのところではセカンドワーホリビザが取得出来る13週間をまとめて紹介してくれるので、13週間分の紹介料が660ドル(660ドル÷13週間=1週間で50ドル)と言う事になります♪この紹介料が高いか安いかですが、ピッキングに就けるかどうか不安を抱えつつバックパッカーズに宿泊すると週120ドル+食費=150ドルぐらいかかり、更にバッパーの場所によってはファームまでの交通費が1日5ドル×5日=25ドルとかかかる場合もあったりして、TOTALで考えると、175ドル掛かるのに対して、ボブに頼めば、50ドル+レント20ドル+食費30ドル=105ドルで済んでしまう訳なのです♪

それからとても大切な安全面ですが、バッパーの場合はほとんどが最低でも4人部屋で、同室は日替わりで何処の馬の骨か分からないヤツとの同室になる訳ですが、ボブの所の紹介だと大抵そのファームのオーナーが所有する宿泊施設に宿泊出来るので、レントは20ドル~50ドルぐらいですし、最低限同室の人も日替わりでは無いし、そのファームで同じく働くスタッフなので、仲良くなって友人になる可能性も大な訳で、だいぶ安全面でも違ってきますよねっ\(^0^)/♪ 

もう一つ言えば、自力でピッキングを探すのは、バックパッカーズやバックパッカーからの直接の口コミってパターンが通常なのですが、バッパーに泊まり歩いてれば自然に仕事にありつけるって訳でも無く、運の悪い人は仕事に就けるまでに10週間掛かったなんて人も過去に居りました。。。ボブに頼めば、大袈裟な言い方明日出発したら明後日から仕事が始められるので、時間の面でも大きな節約になりますよねっ\(^0^)/♪

そんなこんなの金銭面や安全面や時間の面全ての面で自力でやるより良いと判断するメンバーが多いため大好評なのですねっ♪ ちなみに過去ボブの紹介でピッキングに行ったメンバーで最高に給料を貰った人は千香さんと言う方なのですが、ダーウィンのメロンのパッキングの仕事を3ヶ月やって8000ドル稼いで帰って来ました\(^0^)/♪凄いですよねっ♪♪♪ それから2006年11月28日の日記に書いた、ボンドのレベル1で入学して、4ヶ月の就学期間内にレベル4まで頑張って英語力伸ばした有加さんは、ボブとの面接時にかなりその英語力を示せた為、同じセカンドワーホリの権利がGET出来る仕事でも、ピッキングでは無く、グラフティングと言う1つの樹木に何種類ものフルーツが生る不思議な「木」を栽培している農家での仕事の手伝いをする事が出来、仕事は部屋の中での楽な仕事だし、家族もみんな良くしてくれたそうで、ファームステイ感覚なのに給料も貰って、セカンドの権利も得てしまいました☆ 

なので、ぶっちゃけ今回大輔さんは本当にラッキーにも楽なピッキングの仕事に就けましたが、実際問題としては、ココでも少しでも英語力があった方が楽なピッキイングの仕事でセカンドワーホリの権利がGET出来ると言う事実があります(*^_^*) 

実はわたしもとても気になっていたので、現実社会では昨日3月23日にひめひろしさんをボブの所にお連れしてピッキングの仕事を紹介して貰った時にも、先ず始めに大輔さんの生存をボブに確認したのですが(笑)、無事生きていて、仕事も始めて収入も得ているそうで、ホっと一息ついた感じでしたっ♪

①ボブのピッキング面接をクリアした大輔さん♪
②バンガロー的宿泊施設にある共同キッチン☆
③ファームのオーナーとボブの所のメンバー!!

2007年3月17日 (土)

ワーホリサポートのお仕事061♪

Mixi395   Mixi396   Mixi397

みなさま、今回はわたしがこのブログを書き出してから最大期間のご無沙汰になってしまいましたが(^-^;ゞ、、、お元気でしたでしょうか? わたしは3月21日にやって来るメンバーからゴールデンウィークの数日間の休み以外はほぼ6月終わりまでほぼ満員状態で続く、到着日を確定させた37名のメンバーとのメールのやり取りを、ここ数日現地サポートが入ってなかったのでやっとの事で2日遅れぐらいで返信出来る位までキャッチアップ致しました(๑→ܫ←๑) ♪ その代償として今度はこのブログが溜まってしまったのですが。。。(T.T) という事でわたしは生きてます♪って言うか、メンバーの健多さんから借りた久々のドラゴンボール見て、ますますパワーアップしているぐらいです☆v(^□^)v☆

ではでは今日の日記ではだいぶ前になってしまいましたが、3月4日朝7:55分、カンタス航空(QF168便ケアンズ経由)にてブリスベン空港に到着した大輔さんの様子を書いてみます♪ 大輔さんとの最初の頃のメールのやり取りの抜粋は↓こんな感じで、 

大輔さん:ゴールドコースト近郊でピッキング出来るところってありますか?(海が近くて)

SOH:残念ながら週末ゴールドコーストに戻って来れる様な場所にピッキングのファームは無いですね(^-^;ゞ。。。だいたい他のメンバーは、サーファーの方でも時期を分けて、ピッキングをする時は山にこもり(笑)、やるだけやってしまって、お金貯めてゴールドコースト戻って来てサーフィン三昧って感じで過ごしてます(*^_^*) で、わたしではありませんが、わたしの友人ボブがピッキングを紹介してくれる会社を経営しておりますので、大輔さんがオーストラリア到着後、とりあえずはサーフィン三昧して、お金無くなったらわたしがボブの所にお連れして、どこかでのピッキングの仕事をGETする事は簡単に出来ますよねっ\(^0^)/♪

大輔さん:ゴールドコースト近くは無いんですね。。残念。。。でも、働いてその後サーフィン三昧☆それもありですね☆ しかしっ!このメールが届いた事によって、オーストラリアに行く事を決心しましたっ!!是非是非お世話になりたいのですが、宜しいでしょうか??

ってな感じだったのですが、何と何と、凄いんです大輔さんっ!!!過去5年半に渡り470名ぐらいのサポートを行なって来て、今までのA to Z AUSTRALIAでの持参金最小額の記録保持者だったのは2004年1月5日にやって来た幸美さんと言う方で、8万円と言うとてつもない金額でしたが、、、大輔さんの今回のワーホリ持参金は7万円w(@。@;)w 女性で8万円の持参金だった幸美さんの時も、倒れてしばらく起き上がれなかった記憶がありますが(笑)、今回の大輔さんにもカメハメ波を思いっきり食らった感じで後ろに倒れました(爆)♪

もちろん持参金の件は、メールのやり取りの中で「5万円~10万円です」と聞いていたし、こんなクリティカルなシチュエーションは大輔さんがオーストラリアに到着する前に動いておかないと手遅れになるので、当然大輔さんの到着日翌日にはボブに会いに行くアポも取っておき、大輔さんの計画次第ではボブの紹介で直ぐにピッキング行く計画は立てていたのですがっ(*^_^*) そして到着後の大輔さんとの会話の中でも、当然大輔さん自身もサーフィンはとりあえずお預けで、先にピッキングやって少しお金を稼いでからゴールドコーストに戻って来たいとの事だったので、「んじゃ~今日はWCTのサーフィン大会見に行っちゃおうかっ(爆)!!!」って事になり(←何でそ~なるの?(@@))、WCT2日目、ケリースレーターやタジ・バロウが初日負けた敗者復活戦の模様を観戦にスナッパー・ロックスへっ\(^0^)/♪

明日ボブから良いピッキングの仕事を紹介してもらえる事を期待しつつ、この日はSOH’Sガイド生活編で締めくくり終了致しました♪ 

①ワーホリ持参金7万円でやって来た大輔さん♪
②ドンピシャの渡豪タイミングでWCTも観戦(o^∇^o)ノ
③10kgで6ドルなら大輔さんやって行けそう(笑)♪

わたしの他のアカウントです☟


ワーホリアンケートです☟




2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ワーホリブログ

  • ワーホリブログ